【成長日記】ユーエス計画研究所|名古屋の建築士採用

不フォームエントリー1分で簡単応募
052-705-8701

Diary成長日記

世界に通用する基礎作り

2019年10月10日

こんにちは!工事監理部の渡部です。

 

ラグビーワールドカップ日本大会が開催されてはや三週間が経とうとしています。

今大会は日本代表が目覚しい活躍を挙げており、強豪アイルランド戦での劇的勝利などのニュースは皆様既にご存知かと思います。

何故日本代表が今回これだけ注目されているのか理由を考えますと、今大会が日本が開催国であるなど様々な理由が挙げられますが、今までラグビーワールドカップでは日本代表の目立つ活躍が少なかったというのが大きな一因であると思います。

では日本はどうやって世界の強豪たちを相手に活躍できるまでレベルを上げたのでしょうか。それは、粘り強いディフェンスと、それが出来る肉体作りです。

世界的に見ると、どうしても日本人は平均的には小柄な体格です。それを補い、体格の大きな相手をきちんと止められるだけの身体作りをやり遂げたからこそ、今大会での素晴らしい活躍があると思います。

建築においても、仕事においても、同じことが言えると思います。準備を入念に整え、基礎をきちんと形作ることでより良いものができる点は共通しているように見えます。

今回のラグビー日本代表は、基礎作り次第で世界にも通用するということを、身をもって体現してくれていると思います。私も日本代表を見習い、粘り強く基礎を大事に地道に積み重ねていくよう努めていきます。